少子高齢化に伴い、すべての産業が縮まる日本においても長期的に成長する産業があります。
2030年までに今の6倍以上になる再生エネルギー、2060年までに成長する介護ビジネス、
来日観光客が増え続けるインバウンドホテルビジネス、アジア諸国の所得水準が上昇と伴ってニーズが高まる航空機ビジネス等、
玄海インベストメントアドバイザーはこの成長セクターに特化した投資のスペシャリストです。

img_top02 

再生可能エネルギー

エネルギー自給率をあげるために日本政府が国をあげて推進する事業。主に太陽光・風力・バイオマスの投資を進めます。

メガソーラー実績MAP

 

img_top03

ヘルスケア

施設の供給不足が社会問題となる程、今後もさらに施設のニーズ拡大が確実視されている事業分野です。

img_top04

インバウンド

東京オリンピックを控え、訪日外国人観光客向け宿泊施設の供給ニーズの高い事業分野です。

img_top05

Aviation

アジア諸国の所得が上昇するにつれてLCCが台頭し、業界に対するニーズが高まっています。航空機メーカーが少ないため、アセットの流動性・希少価値が高まってきている分野です。