SBIソーシャルレンディング社との玄海インベストメントアドバイザーによる稼働済の再生可能エネルギー事業に関する協業ローンファンド(愛称:かがやき)組成のお知らせ

当社は、SBIソーシャルレンディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:織田貴行、以下「SBISL」)と稼働済の再生可能エネルギー事業に関する協業ローンファンド(愛称:かがやき)を新たに組成いたしましたので、お知らせいたします。

 

両社による協業ローンファンドには、「かがやき」と愛称を付けてシリーズ化する予定です。このたび、第1弾として稼働済太陽光発電所に関する「SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号」が公開されております。

 

当社とSBISL社と当社は、これまで「協業ローンファンド(愛称:「かけはし」)」を組成し、累計で約298億円(2019年2月末日時点)の募集を行って参りました。一般的にソーシャルレンディングを活用した資金調達は開発段階に利用されることが多く、協業ローンファンド(愛称:「かけはし」)の借手企業も、太陽光発電所を開発し、機関投資家等へ売却を行うことを予定しておりましたが、今般、売電収入を裏付けとしたローンファンドを組成することとなりました。

昨今、日本国内では、セカンダリー市場における稼働済太陽光発電所の売買取引が活発化しており、今後も拡大するとの予測もでております。こうした稼働済太陽光発電所については、売電量がその価値を測る上で重要となります。

「協業ローンファンド(愛称:かがやき)」の借手企業は、借入期間中に、売電実績を積み、発電パフォーマンスを買主に示すことができ、より有利な条件で、機関投資家等への売却や金融機関等からの長期借入れが可能となります。また、良質な小型の発電所を束ねることで、機関投資家を対象としたスケールメリットに富んだ大規模な投資機会を提供することもできます。

 

この「かがやき」の愛称には、投資家の皆さまよりご出資いただいた資金が、◆再生可能エネルギーの普及・拡大により明るく鮮やかな未来を築く、◆華々しい運用実績によりファンドのバリューアップを図る、◆地域経済や地方創生の光り輝く原石となる等、「かけはし」シリーズの続編として磨きがかかるよう願いが込められております。

 

当社はこれからもSBISL社とともに、投資家の皆さまに、様々な投資機会を創造することで、より満足いただけるサービスを提供して参りたいと考えております。

 

SBIソーシャルレンデンィングの本案件の掲載ページはこちら(外部リンク)

 

[2019.03.14]