SBIソーシャルレンディングとの協業ファンド「かけはし 第14弾(太陽光発電事業)」が約10億円を調達しました。

2018年3月22日、SBIソーシャルレンディングとの協業ファンド「かけはし 第14弾」(SBISLメガソーラーブリッジローンファンド12号)が約10億円を調達しました。

「かけはし」とは、SBIソーシャルレンディングと当社との協業により、再生可能エネルギー事業者向けの貸付事業で運用するファンドです。

2016年7月開始からシリーズ化され、今回で14回目を迎えます。

シリーズの累計運用額は94億円超、1~5号ファンドでは合計約36億円の償還実績があります。

※SBIソーシャルレンディングの本案件の掲載サイト

※SBIグループとの協業に関するお知らせ